ユーザーの声で進化を続ける国産ウェブブラウザ最新版「Kinza 3.3.0」公開…同時にバグ報奨金プログラムを開始 - 良妻(仮)の節約&貯金日記 ~インターネットでこつこつお小遣い稼ぎ~

ユーザーの声で進化を続ける国産ウェブブラウザ最新版「Kinza 3.3.0」公開…同時にバグ報奨金プログラムを開始

インターネットサービスやソフトウェアの開発・提供を行う Dayz株式会社はウェブブラウザ「Kinza」の最新版「Kinza 3.3.0」を本日8月17日より公開しています。

ユーザーの声で進化を続けるWin/Mac向け国産ウェブブラウザ 最新版「Kinza 3.3.0」 本日より公開 同時にスプラウト社と共同でバグ報奨金プログラムを開始

「Kinza 3.3.0」は、これまでと同様にユーザーからの要望に応えて新機能や改善点を実装しています。

さらに、株式会社スプラウトが運営する「BugBounty.jp」において「Kinza 3.3.0」を対象としたホワイトハッカー向けバグ報奨金プログラムも開始しました。

バグ報奨金プログラムとは、ウェブサービスやアプリケーションにおける脆弱性やバグが存在しないか外部のホワイトハッカーに調査・検証を依頼して、見つかった場合は報告を受ける対価として報奨金が企業から発見者に支払われる取り組みです。

今回は発見者に対する報奨金として影響度に応じて1件に付き5千円から最大10万円を設定しており、現時点で約2百名のホワイトハッカーが登録して調査検証を行っているとのことです。

ユーザーやホワイトハッカーなど外部の声を真摯に聞くことで良い製品を生み出しているのだろうとつくづく感じました。

「Kinza 3.3.0」興味のある方は是非ご利用くださいね。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事



コメント
非公開コメント


≪コメントのお返事について≫
コメントありがとうございます。
ブログをお持ちの方につきましてはそちらにお伺いしてお返事します。
ブログをお持ちでない方につきましてはコメントいただいた記事にお返事します。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016-08-19 09:53 | from -