OFF Line社、世界最長距離のビーコン端末を開発、自社開発の独自検知アプリをドローンに搭載して上空150mからの見守りサービス実証実験に成功 - 良妻(仮)の節約&貯金日記 ~インターネットでこつこつお小遣い稼ぎ~

OFF Line社、世界最長距離のビーコン端末を開発、自社開発の独自検知アプリをドローンに搭載して上空150mからの見守りサービス実証実験に成功

日本最大の写真SNSメディア「フォト蔵」を運営するOFF Line株式会社は、高尾山にてスマートフォンアプリの検知用固定端末をドローンに搭載し、世界最長の電波距離を持つ独自のビーコン端末を上空150mから検知してドローンによる見守りサービスの実証実験に成功しました。

OFF Line社、世界最長距離(見通し直径900m、半径450m検知)のビーコン(BLE)端末を開発し、自社開発の独自検知アプリをドローンに搭載し、上空150mからのみまもりサービス実証実験に成功

検知端末にはアンドロイド端末とスマートフォンアプリである「AirTalk」のプログラム部分を使用しており、、ビーコンの位置は発信される電波強度によっておおよその場所を類推する事が可能ということです。

今回のテストでは、対象を見失った地点から数キロ範囲を指定したGPS情報を元にドローンが飛行、上空から電波強度を元に対象人物を発見するといった見守り方法が可能である事が証明されました。

空からのドローンによる見守りサービスは、山岳地帯などドローン飛行が許可されている場所であれば制限付きで使用可能、人口密集地の市街地などにおいては各種手続が必要となります。 

認知症を患っている老人が徘徊して行方不明になることは大きな問題になっている現今、このような見守りサービスは必要であり有効だと思います。

これからさらなる技術が発達して精度が上がったり購入しやすい価格になったりすることを期待します。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

コメント
非公開コメント


≪コメントのお返事について≫
コメントありがとうございます。
ブログをお持ちの方につきましてはそちらにお伺いしてお返事します。
ブログをお持ちでない方につきましてはコメントいただいた記事にお返事します。