OFF Line社、認知症患者の“外出検知”及び“徘徊を見守る位置情報システム”を開発。金沢西病院、りくつなケアネット金澤を中心とする32団体の関係者より協力を受け金沢市内にて大規模実証実験を行う。 - 良妻(仮)の節約&貯金日記 ~インターネットでこつこつお小遣い稼ぎ~

OFF Line社、認知症患者の“外出検知”及び“徘徊を見守る位置情報システム”を開発。金沢西病院、りくつなケアネット金澤を中心とする32団体の関係者より協力を受け金沢市内にて大規模実証実験を行う。

日本最大の写真SNSメディア「フォト蔵」を運営するOFF Line株式会社はスマートフォンアプリの「AirTalk」を用いた認知症患者の外出検知及び徘徊を見守る位置情報システムを開発しました。

石川県金沢市において、金沢西病院やりくつなケアネット金澤を中心とする32団体の関係者より協力を受けて、大規模実証実験を行い成功裏に終わりました。

OFF Line社、認知症患者の“外出検知”及び“徘徊を見守る位置情報システム”を開発。金沢西病院、りくつなケアネット金澤を中心とする32団体の関係者より協力を受け金沢市内にて大規模実証実験を行う。

実証実験を行った「みまもりシステム」はスマートフォンアプリの「AirTalk」とビーコンと呼ばれる近距離無線用の端末を利用したものです。

平成28年4月14~15日の実証実験では、金沢市内の4キロ四方のエリアにおいて、外出した10個のビーコンを40台のサポータ端末が検知、それぞれの家族端末に配信されました。

テスト期間中「AirTalk」によって全てのビーコンが検知されて位置情報はにリアルタイムで送信されました。

今後はこの実証実験の結果をもとに、自宅・病院・介護事業所への在宅・外出検知及び徘徊を見守る位置情報サービスの展開を進めていくとのことです。

検知に使用する「AirTalk」はインストールされていればスリープ状態でもビーコンを検知して位置情報を配信するということで、常にスマートフォンを起動していなくて大丈夫というところは良いと思います。

また、この「みまもりシステム」に必要なビーコンは基本的にどのメーカーのものでも対応するとのことで、利用する人の状況によって選択が出来るところも嬉しいと思います。

このような「みまもりシステム」は介護をしている方にとって大きな助けになるはずです。

さらに使いやすいサービスの開発・展開を期待します。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

コメント
非公開コメント


≪コメントのお返事について≫
コメントありがとうございます。
ブログをお持ちの方につきましてはそちらにお伺いしてお返事します。
ブログをお持ちでない方につきましてはコメントいただいた記事にお返事します。